最新トピックス&やってみた

蜂に攻撃されやすいNG行為と水素水を使ったケア方法は?

夏休みは戸外におでかけされる方も多いのではないでしょうか?
野外で気になるのが、蚊や蜂などの虫!
刺されると激しく痛み、ときには死亡事故につながる「ハチ刺され事故」。
おでかけや日常で気をつけることは?
また、万一刺されてしまったときはどうしたらよいのでしょうか?!

蜂

目の前に急にハチが飛んできたら焦ってしまいますよね。刺されると赤く腫れてすごく痛い!なんてことを聞いたことがある方は、想像しただけでも恐いですよね。

世界には10万種以上もハチの仲間がいるそうです。
鋭い毒針で攻撃してくるのは、メスの働きバチ。
「ハチ刺され事故」の多くは、8月~9月に集中しています。

『スズメバチ』は、約70種。そのうち日本には16種が住んでいます。

少し意外なのは、実は「ハチのほとんどは人を刺さない」という事実。
なんと、ハチ全体から見れば、「危険」なハチはごく一部なんです!!

はちのこ(幼虫やサナギ)がぎっしり詰まったハチの巣は、他の動物にとってはご馳走の宝箱!
襲ってくる外敵を前に、手も足も出ない幼虫たち。もし翌年の女王バチが育たなければ、家系は断絶してしまいます。子孫を守るため、娘たちは毒針をもって戦うのです。

もしハチと遭遇しても、絶対に興奮させないようにしましょう。
巣に外敵が近づくと、スズメバチは「これ以上近づくな!」という意味の以下のような行動をとります。

・相手のまわりをしつこく飛ぶ
・相手に狙いをつけて、空中で停止する
・アゴをかみあわせて、「カチカチ」という音をたてる

など。

この場合は、できるだけじっとしてハチが飛び去るのを待ちましょう。
こわいのでつい手で振り払いたくなりますが、これはとっても危険な行為!攻撃されるおそれがあります。巣から離れた場所にいるハチは、わざわざ人間を襲ってくることはありませんが、クロスズメバチやキイロスズメバチなどは、人間の汗や弁当・ジュースなどを目当てに寄ってくることがあるそうです。
そのときは、上記のような威嚇行動ではなく、肌や食物の上にとまろうとします。
このときも、決して強く振り払ったりしないで、 そっと静かにどかせるようにしてください。

もっとも危険なのは、ハチの巣があるのを知らずに近づいて、うっかり踏んだり揺らしたりしてしまったとき。
この場合、たくさんの働きバチがすぐに襲ってきます。

もし逃げられる状況なら、手を振ったりせずに少し身をかがめて、できるだけ遠くへ逃げましょう。
ちなみに、ハチが追いかけてくる距離は80メートルくらいまでだそうです。
障害物や坂道などで急いで遠くへ逃げられないときは、首から上を服などで隠し、肌が出ている箇所をできるだけ少なくして、身をかがめたまま少しずつ遠ざかるようにしましょう。

また、野山へのおでかけは、明るい色の服装で、長袖、長ズボンを着用するのがおすすめです。

ハチは黒いものめがけて襲ってくるので、服装や帽子は、白や黄色の方が安全です。
万一の遭難にも見つけてもらいやすいですよね。

スズメバチの巣は、切り株あとや土の中・茂み・小屋の軒先や天井裏・大きな木の樹洞・鳥の巣箱など、なかなか気づきにくいところにあるようです。
散策していて、あたりにとびかうハチの数が急に多くなったり、一定の方向に飛ぶようになったら、そばに巣があるおそれがあります。

とくに子どもなどが茂みに飛び込んで走り回ったり、うろや道端の穴などをむやみに木の枝などでつついたりしないように、気をつけましょう。

また、下見では問題なかったのに、遠足本番で子どもたちが急にハチに襲われることがあるとも聞きます。
大きな集団だと、振動や動き・声などで巣を刺激する危険が増すためといわれています。
とはいえ単独行動では、たとえ蜂以外のことでも何かあったときに助けを求められません。

森林などを歩くときは、小グループに分かれて静かに行動するのが、万一のときにも対応しやすいようです。

それでももし刺されてしまったら、「全身症状」に注意しましょう。

万一刺されてしまっても、多くの場合命にかかわる心配はないといいます。
しかしハチ毒には強烈な痛みをもたらす成分が配合されているため、速やかな処置が大切です。
刺されたらすぐ、爪などで患部を圧迫して毒液を絞り出し、(そのための吸引装置もアウトドア用などに市販されています。決して口では吸わないように!!)流水で洗って、体内に取り込まれる毒をできるだけ少なくします。
この時、水素水を常備しておくと何かと便利。
水分補給しながら活性酸素を取り除き、脚の疲れや身体の疲れを緩和してくれるだけでなく、このような事態にも抗炎症作用で何かと早めの回復ができそうです。

冷たい濡れタオルや氷嚢で冷やし、水素水でパックした後、薬を塗って、‪1時‬間は安静にしていましょう。また念のため医療機関の受診をお勧めします。


ハチ刺されによる死亡事故は、毎年30から70件ほど起きているのだとか。
そのほとんどは『アナフィラキシーショック(じんましんや発熱、さらに呼吸困難などのアレルギー反応)』が原因といわれます。
死亡例の多くは刺されてから1時間以内におこり、直接の原因でもっとも多いのは気道のむくみによる窒息死だそうです。
もし、刺された箇所以外に 頭痛・めまい・吐き気・腹痛といった全身的な症状が出た場合は、一刻も早く病院へ。
近くにいる人はすぐに救急車を呼び、必要なら人工呼吸をして待ちます。
ハチアレルギーの人は、前もって周囲に知らせておくことも大切です。

「ハチ刺され事故」はこわいですが、ハチたちは無差別に襲ってくるわけではありません。
冷静な対応で安全に、大自然を楽しめるよう、事前準備と知識を持ってお出かけしましょうね。

この記事に関連する製品

株式会社マハロ

高濃度シリカ水素水 ビガーブライトEX

高濃度シリカ水素水 ビガーブライトEX

高濃度シリカ水素水 ビガーブライトEXは、高濃度の水素含有量はもちろん、FDA認可取得に裏打ちされた高い品質と安全性、そして価格とバランスのとれた高濃度水素水として人気を誇っています。2015年モンドセレクション ダイエット&ヘルス部門でも金賞を受賞するなど注目度の高い水素水です。

水素溶存量

溶存水素濃度 0.8〜1.2ppm
賞味期間 4ヶ月

みんなの評価

口コミをみる

製品サイトへ

株式会社 ブルー・マーキュリー

おいしい水素水(アルミSOT缶タイプ)

おいしい水素水(アルミSOT缶タイプ)

アルミ缶の内部に水素を閉じ込める独自の最新技術で驚きの長期保存を可能に。持ち運びも容易な190ml サイズ!水に水素ガスを含有させ、酸化還元電位-300~-700mvという還元性の高い水素水を実現!毎日手軽に水素水を飲みたい方におススメです。

水素溶存量

溶存水素濃度 0.7~1.2ppm
賞味期間 24ヶ月

みんなの評価

口コミをみる

製品サイトへ

株式会社ドクターズチョイス

ピュアラスミニ

ピュアラスミニ

飲む水素水に電極が接触しない、最新の水素バブリング方式を採用した水素水サーバー「ピュアラスミニ」。医療機関と連携し開発した水素水サーバーを家庭用に小型化、フィルター交換不要で工事も不要。MADE IN JAPANの最新技術が生みだした高い安全性と高濃度を実現する安心・簡単の水素水サーバーです。

水素溶存量

溶存水素濃度 1.2〜1.6 ppm
メーカー品質保証期間 12ヶ月

みんなの評価

口コミをみる

製品サイトへ

株式会社翔栄ウエルネス

水素水サーバー「水素ごっくっく」

水素水サーバー「水素ごっくっく」

「水素ごっくっく」は水道管から直接お水を供給する水道直結型の水素水サーバー。医療機関でも採用されるRO浄水システム他、サーバー内のお水を循環させる業界初のサーキュレーションシステムなどを搭載。また水素の気体だけを抽出して水に付加するシステムを採用し、水素が入ったお湯も飲める。安全性、利便性に優れた高性能・高機能水素水サーバーです。

水素溶存量

溶存水素濃度 1.6ppm(充填時2.8ppm)
メーカー品質保証期間 12ヶ月

みんなの評価

口コミをみる

製品サイトへ

株式会社KIYORAきくち

ナノ水素水 キヨラビ

ナノ水素水 キヨラビ

名水百選にも選ばれる熊本県菊池市の天然水を使用。ナノフィルターを通過させる独自製法でまろやかな飲み口を実現。美味しい水にたっぷりの水素を含ませ、身体中に水と水素が染み渡るようなすっきりとした味わいが特徴。水素の含有量は平均して1.23ppmを超え、水素水としては業界随一の水素量を誇る。

水素溶存量

溶存水素濃度 0.8〜1.2ppm
賞味期間 4ヶ月

みんなの評価

口コミをみる

製品サイトへ

ラウディ株式会社

ラウディ クレンズ水素水

ラウディ クレンズ水素水

マグネシウム、カルシウム、シリカなどのミネラルを豊富に含んだ天然水と高濃度水素がギュッとつまったクレンズ水素水で、きれいにアプローチ。水素を逃さない特殊アルミ4層構造のパウチ。スタイリッシュで持ち運びにも便利な飲みきりやすいサイズが人気です。

水素溶存量

溶存水素濃度 0.8〜1.2ppm
賞味期間 4ヶ月

みんなの評価

口コミをみる

製品サイトへ

水素の基礎を学んだら下記のコンテンツも見てみよう。

質問に対する専門家からの回答

電位治療器を使っていて、お水をたくさん飲みながら使うよう指…

大丈夫です。そういった方はたくさんいらっしゃいますが、特に問…

もっと読む

ヒゲ編集長 編集長
すいそのぽーたる

スタッフ厳選!注目記事

ページトップに戻る

みんなの口コミ、気になるブランドをみてみよう!