水素水・水素を学ぶ

水素水・水素と活性酸素

美容、健康、老化防止でよく耳にする「抗酸化」。活性酸素は全部悪いもの!という間違った理解をしている人も増えています。ここでは水素の働きをよく理解するためにも活性酸素について詳しく学びます。

くわしく水素と活性酸素を知れば『本当の抗酸化』が分かる!

水素がなぜ体に良いのか!それを知るために『私たちの身体の仕組み』“ミトコンドリア”と“活性酸素”を知ることが大切なのは前ページで簡単にご説明しました。最近はすっかり『抗酸化』という言葉が定着しましたが、実はこの『抗酸化』という言葉にも沢山の誤解と落とし穴があります。このページでは水素と、老化の原因として何かと悪者扱いされがちな活性酸素について、もっと詳しくご説明いたします。

抗酸化ブームの主役。活性酸素は悪者!は大間違い

『抗酸化』という言葉もすっかり一般的になり『若々しくありたい』『病気になりたくない』そのためには活性酸素は大敵だ!と考える人が増えています。実はコレとても危ない考え方です。活性酸素には「善玉」と「悪玉」があることを正しく理解しましょう。

私たちの体は体外から異物や毒が入ってきた時に免疫機能が働きます。この体を守る免疫システムに欠かせないのが実は《活性酸素》なのです。たとえばウィルスやバクテリアが身体に侵入した時は白血球が活性酸素をつかい戦います。また、がん細胞を攻撃することで最近有名になったNK細胞も活性酸素を利用しています。人間が“健康”に生きていくうえで“活性酸素”は、とても大切なものなのです。

なるほど!水素と活性酸素イメージ1

しかし『なにがなんでも抗酸化が大切!』そう誤解したまま強い抗酸化作用ばかりを望んで日々を過ごせば当然、体の免疫力は下がってしまいます。健康に生きるための味方を毎日頑張って退治すれば体が弱っていくのは当たり前。実は最近の研究で“抗酸化物質”として有名なビタミンなどを過剰に摂取しすぎると寿命が短くなってしまう。こんな驚きの研究結果も発表されています。

その一方で、日々のストレスなどでミトコンドリアの負担が大きくなると、善玉活性酸素が必要以上に生み出されたり、電子が過剰にこぼれるなどして、酸化力がとても強い悪玉活性酸素ヒドロキシルラジカルが作られてしまいます。この悪玉活性酸素が細胞・DNA・ミトコンドリアを酸化させ老化や病気の原因、体に悪循環をもたらすことは先に述べました。最近の研究では動脈硬化、糖尿病、白内障、アルツハイマー病、パーキンソン病といった老化・加齢に伴う病気、病態の大きな原因がこの悪玉活性酸素にあると考えられています。

図B3-1

水素が最強の『抗酸化物質』と呼ばれる理由。

そこで悪玉活性酸素を取り除く『水素』に注目です。実は水素の還元力はとても弱いのですが、そのため大切な善玉活性酸素とは反応せず、酸化力が強い悪玉活性酸素にだけ反応します。つまり身体に良いものはそのまま、悪いものだけ無くす、ということ。悪玉活性酸素は水素と反応し水になって無害化されます。

そして水素が、いま医療界で注目されるもう1つの理由が『体の隅々にまで届くこと』です。水素には優れた拡散性があり『水にも油にも溶ける』非常に珍しい性質があります。さらに水素はあらゆる物質の中で最も小さく、実際の大きさは、直径0.001ミリと言われるミトコンドリアのわずか1/1万の大きさです。

図B2-2

私たちの身体の60兆個の細胞、そのひとつひとつは油の膜と水でできています。この油と水のダブルガードで大切なDNA・体の設計図を守ってきました。しかし小さく、水にも油にも溶ける水素は細胞内にまで浸透し悪玉活性酸素からDNAを守ることが出来るのです。また体外からの異物侵入を防ぐための脳関門を持つ“脳”。多くの抗酸化物質もシャットアウトする脳関門ですが、ここも水素は簡単に通り抜け悪玉活性酸素から体を守ってくれるのです。

なるほど!水素と活性酸素イメージ2

そして身体の隅々に行き渡るために欠かせないのが“水素の優れた拡散性”です。私たちが病気の時に飲む薬は、主に全身をめぐる血液を使って成分を運んでいます。そのため血管から離れた場所には、これまでなかなか薬を届けることができませんでした。

例えば子孫を残すために大切な卵子は元々『酸化のリスク』から守るため遠く血管から離れた場所に作られています。そのため薬や抗酸化物質を届けることが難しく、これが不妊治療などの課題になってきました。しかし、水素はこの卵子にも辿り着くことが分かっています。私たちの身体の奥、細胞の中にまで届き、諸悪の根源である悪玉活性酸素を無害化。いま世界の医療界が注目する水素は最強の抗酸化パワーを持っているのです。

水素の基礎を学んだら下記のコンテンツも見てみよう。

質問に対する専門家からの回答

電位治療器を使っていて、お水をたくさん飲みながら使うよう指…

大丈夫です。そういった方はたくさんいらっしゃいますが、特に問…

もっと読む

ヒゲ編集長 編集長
すいそのぽーたる

スタッフ厳選!注目記事

ページトップに戻る

みんなの口コミ、気になるブランドをみてみよう!