水素水・水素の効果

水素水・水素とがん

がん治療と水素水・水素。日本人の死因の3割をしめる「癌(がん)」。近年、定期検診・早期発見の重要性が広く伝えられ、がん=不治の病というイメージは無くなったものの、やはり怖い病気。ここでは、がんと水素水・水素の関係について現在までに分かっていることをご紹介します。

がんとは?

まず、『がん』という病気について知りましょう。

【がん】:生体内にできる悪性腫瘍・肉腫の総称。なんらかの原因で臓器などの細胞が無制限に増殖するようになる。周囲の組織を侵し、転移することもあり、放置すれば命を奪うまで増殖する病気。

水素とがんイメージ1

がんは「細胞が異常に増殖してしまう」病気です。肺がん・胃がん・乳がん…どの部位で起きるがんも「細胞増殖・細胞の暴走」が、体の正常な機能を奪い…時に命を奪います。現在までの研究で細胞の暴走は遺伝子異常によって始まると考えられています。では遺伝子の変化・病変がなぜ起きるのか。酸化ストレス・食生活などの生活習慣が複雑に関係している事が徐々に分かってきたものの、そのメカニズムの完全解明には、至っていません。

水素水・水素と『がん治療』の最前線

がんの治療方法も世界中で研究が続いています。「抗がん剤でたたく。手術で切る。放射線で焼く」さらに最近では先端医療の粒子線治療や、遺伝子を調べ「がん」が大きくなる前に処置をとる予防方法などにも注目が集まっています。そして最新の研究で「がん治療」に水素水・水素が大変役に立つことが分かっています。一般的な治療法である抗がん剤投与や放射線治療は、つらい副作用を伴います。実はこの副作用を引き起こしている犯人が、悪玉活性酸素だからです。

水素とがんイメージ2

「がんをたたく」。多くのがんに効果がある抗がん剤・シスプラチンは体内に大量の悪玉活性酸素を生みだし腎臓にも大きなダメージを与えます。しかし水素や水素水をとることで、抗腫瘍効果を弱めることなく、副作用を大きく軽減できることが報告されています。

また「がんを焼く」放射線治療でも、体内の水分と放射線が反応し大量の悪玉活性酸素が発生してしまいます。これが健康な細胞・遺伝子まで傷つけ体力をうばう犯人。この副作用も水素ガス・水素水を体に取り入れることで抗腫瘍効果を弱めることなく、軽減できることが分かっています。

水素とがんイメージ3

もちろん「がんを切る」手術によっても炎症が起き、活性酸素が大量に発生します。酸化ストレスにさらされた身体の中では、健康な細胞や遺伝子が傷つき、免疫力・治癒力が低下。副作用によって病気と闘う体力、生きる力を失っていきます。さらに、がん治療中に発生する悪玉活性酸素はガンの悪性化、新たながん(2次がん・転移)の発生率を上げることも報告されています。治療中はもちろん、治療が終わった後も、ひとつひとつの細胞は、悪玉活性酸素と戦い続けているのです。

水素水などで水素を身体に取り入れると、治療の抗腫瘍効果を保ったまま、副作用の真犯人・ヒドロキシルラジカルなどの悪玉活性酸素だけを取り除く。これが『がん治療』において、水素水・水素が注目される理由です。

がんとも、密接な関係がある「細胞と水素の不思議な関係」については別ページで、ご紹介いたします。

注目!水素水ブランドに関するみんなの口コミは?

水素水ブランドの口コミはこちら
水素水サーバーの口コミはこちら 

水素の基礎を学んだら下記のコンテンツも見てみよう。

質問に対する専門家からの回答

電位治療器を使っていて、お水をたくさん飲みながら使うよう指…

大丈夫です。そういった方はたくさんいらっしゃいますが、特に問…

もっと読む

ヒゲ編集長 編集長
すいそのぽーたる

スタッフ厳選!注目記事

ページトップに戻る

みんなの口コミ、気になるブランドをみてみよう!