水素水・水素の効果

水素水・水素と肩こり

水素水で肩こりが治った。水素水を愛飲してきた方の中には、こんな実感を持った人がとても多いそうです。国民病とまで言われる“肩こり”。ここでは水素水・水素と肩こりの関係についてご紹介します。

肩こりとは?そのメカニズムとは?

平成22年に厚生労働省が実施した国民生活基礎調査では「身体に不調を訴える自覚症状」の中で“肩こり”は、男性が2位。女性が1位。年々“肩こり人口”が増加傾向にあり、最近では若い世代・子どもまでもが、痛みを伴うひどい肩こりに悩んでいる事が報告されています。まずは、なぜ肩こりが起きるのかご説明しましょう。 肩こりの最大の理由は、私たちの体の仕組みです。重くて大切な頭部を、首と肩で支えているため首と肩の筋肉には大きな負担がかかります。また肩の筋肉は、腕を支える役割もあるために疲労が蓄積しやすく普通の生活でも大きな負担がかかる場所。筋肉が少ない女性や子どもは、当然負担も大きくなります。

水素と肩こり2

そして近年、肩こりに悩む人が増えた最大の要因が「生活習慣の変化」です。パソコンやテレビゲーム、デスクワークなどで、同じ姿勢を長時間保つ生活習慣が、首や肩への負担を急増させ、これが“肩こりの負のスパイラル”を招いていました。

同じ姿勢を保つために肩の筋肉が緊張状態になると、筋肉が血管を圧迫して血行が悪くなる。すると血管内は酸素不足になり乳酸などの疲労物質が蓄積。これを神経が感知して痛みが発生する。これが肩こりの“負のスパイラル”スタート地点。痛みが出た部分では、再び筋肉の緊張が起こり、血管を圧迫、血行が阻害され疲労物質が蓄積、するとまた痛みが…。これを繰り返すことで血流が悪い場所では時に炎症が起きることもあります。頑固な肩こりは、生活習慣が引き起こす“慢性的な激しい筋肉痛”なのです。

水素水で肩こりが治る!?

水素と肩こり

では、水素水を飲み始めてから“肩こり”が治った、軽減したと感じている人が多いのはナゼなのでしょうか?体験者の生活習慣が大きく変わったわけではないはずです。ポイントは肩こりの原因になる『血流』と『乳酸』と『炎症』にあります。

近年の研究によって、身体の中に水素を取り入れた際に「血管の拡張」、「血流の上昇」が起きていることが国際医療福祉大学などによって、報告されています。
同じ姿勢を続け、肩の筋肉がこわばって、血流が悪くなることが「ひどい肩こり」の一因。身体に浸透した水素が血流をアップさせれば、肩こり改善にも効果が見込めるはずです。

また血管内に貯まる疲労物質、乳酸についても注目の研究結果が発表されています。筑波大学などのチームによると、運動前に水素水を飲むことで「乳酸の上昇を抑える」ことが分かっています。運動後の疲労だけでなく、乳酸は肩こりにも大きく関係している原因物質です。
さらに、肩こりで血流が悪くなった場所で起きる炎症にも水素水・水素はとても効果的。水素水・水素には優れた抗炎症作用があることも分かっており、ひどい肩こりの原因となる首の付け根の炎症にも効果が期待されています。

最近は整形外科もこの効果に注目し始めました。また水素を直接皮膚から取り入れて患部に届ける“水素温浴”は、身体も温まり肩こりにとても効果があった!という体験談が数多く聞かれます。

ただし、一部の肩こりは、生活習慣が原因ではなく怖い病気のサインである可能性もあります。ひどい場合は、必ず病院に行くことが大切。痛みの原因をしっかりと見つけた上で、ストレッチや生活習慣の改善などを行いながら、肩こりを水素水・水素温浴で改善・解消!負のスパイラルを断ち切りましょう。

水素の基礎を学んだら下記のコンテンツも見てみよう。

質問に対する専門家からの回答

電位治療器を使っていて、お水をたくさん飲みながら使うよう指…

大丈夫です。そういった方はたくさんいらっしゃいますが、特に問…

もっと読む

ヒゲ編集長 編集長
すいそのぽーたる

スタッフ厳選!注目記事

ページトップに戻る

みんなの口コミ、気になるブランドをみてみよう!