水素水・水素の効果

水素水・水素と動脈硬化

生活習慣病の代表格でもある動脈硬化と心筋梗塞。どちらも、血管が詰まることで起こる怖い病気ですが、これらの病気にも活性酸素が深く関係していると言われています。 いま、この病態にたいして水素水・水素の働きが注目されています。

動脈硬化とは

動脈硬化は、血管が詰まることで起こる病気ですが、発生する箇所によって症状や重度が異なります。
足の動脈に起きると閉館性動脈硬化、脳の血管で発生すれば脳梗塞、心臓で起きれば心筋梗塞(「水素水・水素と心筋梗塞」 )などと呼ばれます。
いずれも命に関わる危険な病です。
また動脈硬化が危険と言われる理由の1つに自覚症状がないことがあります。
血管が詰まり始める初期段階では、あまり自覚症状がなく。その後、深刻な状態をむかえ、心筋梗塞や脳梗塞を起こして、初めて動脈硬化に気づくということもあるようです。
血管が詰まる理由も様々で、食習慣により悪玉コレステロール(LDL)が増えすぎると、血管を詰まらせ、動脈硬化を進行させたり、また、糖尿病 (「水素水・水素と糖尿病」 )や高血圧も、動脈硬化を進行させる要因になります。 (「水素水・水素と糖尿合併症」

なぜ糖尿病や高血圧になると、動脈硬化が進むのか…その仕組みは、
①血管に大きな負担がかかる。
②やがて血管内部に傷ができ、その隙間にLDLがたまりコブの元が作られる。
③たまったLDLはやがて「酸化LDL」になり、それを処理しようと白血球も集まる。
④最終的には一緒に大きな塊を作り、血管そのものを詰まらせてしまう。

動脈硬化を防ぐためには、何よりもLDLが、体内の活性酸素によって酸化し、「酸化LDL」に変わってしまうことを防ぐことが重要です。

水素水・水素と動脈硬化

動脈硬化に水素水・水素はどのように働くのか。 日本医科大学発生及び老化研究所他、大沢郁朗氏らの研究にいま注目が集まっています。

動脈硬化の原因には、大きく酸化ストレスが関係しています。
そこで、動脈硬化のモデルマウスに、2~6ヶ月齢の間。任意に水素水を飲水させ、動脈硬化発症が抑制されるか否か検証されました。
その結果、動脈硬化形成は有意に減少し、水素水には、動脈硬化の抑制作用があることが分かりました。

「水素水はアポリポ蛋白Eノックアウトマウスで発症する動脈硬化を防ぐ」

水素水の優れた抗酸化作用によって、食事などで体内に入ったLDLが酸化LDLに変化するのを抑制するというメカニズム。
さらに、水素水には血流を良くする効果があるという研究もあり、血管の内部の詰まりの改善も期待できるかもしれません。


生活習慣病の一つでもあり、時に私たちの命をも脅かす動脈硬化。
今後、ますます研究が進み、水素水・水素の効果・効能が多くの人に認められる日も近いかもしれません。

 

水素の基礎を学んだら下記のコンテンツも見てみよう。

質問に対する専門家からの回答

電位治療器を使っていて、お水をたくさん飲みながら使うよう指…

大丈夫です。そういった方はたくさんいらっしゃいますが、特に問…

もっと読む

ヒゲ編集長 編集長
すいそのぽーたる

スタッフ厳選!注目記事

ページトップに戻る

みんなの口コミ、気になるブランドをみてみよう!