水素水・水素の効果

水素水・水素と骨粗しょう症

日本国内の骨粗しょう症患者は自覚症状のない未受診者を含めると、推計で1100万人超と言われています。その骨粗しょう症にも、水素水・水素が有効だと注目されています。

骨粗しょう症とは

骨粗しょう症(骨粗鬆症)は、その字のままに、鬆(す)が入ったように骨の中がスカスカになり、骨がもろくなる病気です。わずかな衝撃でも骨折しやすくなり、一度骨折してしまうと、元に戻るまでに長い時間がかかってしまいます。
また、骨粗しょう症に悩む患者には、高齢の女性が多いのも特徴です。 これは骨の新陳代謝に関わる女性ホルモンのひとつ「エストロゲン」が、閉経を迎える頃から急激に減少するため。このホルモンバランスの変化によって 骨の形成・吸収のバランスが崩れるとともに骨量(骨密度)が低下していき、骨粗しょう症を発症しているから。
閉経後の女性には注意が必要な病気です。

骨の新陳代謝とは

骨は一度作られたら一生その骨を使うのではなく、体の中でたえず古い骨が壊され(骨吸収)、新しい骨が作られています(骨形成)。
この骨吸収と骨形成を繰り返すことによって健康を維持しているわけですが、新陳代謝が低下すると、骨吸収と骨形成のバランスが崩れて骨がスカスカになります。
女性ホルモンのひとつである「エストロゲン」は、骨吸収を抑える作用があるため、閉経によりエストロゲンの分泌量が減ると、骨吸収を抑える力が弱くなり、骨吸収が増加してしまいます。そのため、閉経後の女性では特に骨がもろくなりやすくなるのです。

骨粗しょう症の原因

今後、骨粗しょう症になる人の割合は、高齢化社会に伴いますます高くなると考えられています。さらに最近では、ホルモンバランスの変化、遺伝のほかに、極端な偏食やダイエット、運動不足、喫煙、アルコール・カフェインの多飲、日照不足、ステロイド剤の服用などの生活習慣とも深い関係があることが 分かってきました。
若い女性の骨粗しょう症も問題になっています。
初期段階では自覚症状がなく、骨折して初めて気付くケースも少なくないといいますので、日頃の対策が必要です。

水素水が微小重力環境モデルラットの骨密度の減少を軽減

2012年、北京軍事病院救急科において、微小重力環境のモデルラットに6週間水素水を与え、骨吸収に対する水素水の効果を検討した結果、「水素水投与によってHLSで誘導した大腿骨や腰椎の骨密度、最大負荷度、硬度、及びエネルギーの減少が軽減された。」と発表されました。

「分子状水素は酸化ストレスを軽減して、微小重力環境モデルラットの骨減少を抑制する」

骨は、圧力を受けるほど太くなり、負荷が減ると細くなるため、長い間、無重力状態(微少重力環境)に晒されていると、骨がもろくなり、骨粗しょう症になりやすいといわれています。
この研究は、宇宙飛行で生じる骨減少に対する解決策として期待されると同時に、水素水・水素が、地上での骨粗しょう症の改善にも有効なのでは?と、今後の研究にさらに期待が高まっています。

 

水素の基礎を学んだら下記のコンテンツも見てみよう。

質問に対する専門家からの回答

電位治療器を使っていて、お水をたくさん飲みながら使うよう指…

大丈夫です。そういった方はたくさんいらっしゃいますが、特に問…

もっと読む

ヒゲ編集長 編集長
すいそのぽーたる

スタッフ厳選!注目記事

ページトップに戻る

みんなの口コミ、気になるブランドをみてみよう!