水素水・水素の効果

水素水・水素と心筋梗塞

年間4万人以上の人が急性心筋梗塞で亡くなっています。水素と心筋梗塞・心臓との関係について最近分かってきたことを、ここでご紹介したいと思います。

水素水・水素と心筋梗塞

三大生活習慣病のひとつでもある心筋梗塞。生活習慣病と聞くと年配の病気なの?と思う若い人も多いかもしれませんが、実は「働き盛り」の人ほど知っておくべき病気。いま問題になっている突然死の6割は心筋梗塞とも言われ、年間4万人以上の人が急性心筋梗塞で亡くなっています。水素水・水素と心筋梗塞・心臓との関係について最近分かってきたことを、ここでご紹介したいと思います。

心筋梗塞とは?

水素と心筋梗塞イメージ1

まず最初に心筋梗塞という病気について知りましょう。心臓は24時間休まずに身体中に血液を送る、大切なポンプの役割を果たしています。しかし心臓の血管に血栓(血の塊)がつまると、心臓は虚血状態(血液が止まり届かない)状態に。必要な栄養や酸素が運ばれなくなると心臓の細胞は壊死し、体中に血液を送ることができず生命は危機にさらされます。心筋梗塞はぞくに心臓麻痺や心臓発作という言葉でも知られる怖い病気です。

食生活の変化や高齢化で、日本でも患者数が増えている心筋梗塞。近年の医療技術の進歩により病気の原因である『心臓の血管の詰まり』は比較的早く取り除くことが出来るようになりました。しかしこれだけで安心できないのが、心筋梗塞が怖い病気と言われている理由です。

心筋梗塞と活性酸素

水素と糖尿病イメージ1

心臓の血管が詰まると20分ほどで心臓の細胞が壊死し始めます。心臓の筋肉は壊死してしまうと元に戻ることができません。そこで血管の詰まった場所に再び血液を流し(虚血再灌流)、少しでも多くの筋肉を壊死させないための処置が行われます。しかし、この時に血管内で大問題が起こります。実は『もっとも活性酸素が発生するのは血液が流れていない状態から、急に新鮮な酸素を持った血液が流れ込んだ時』なのです。身近な例では「正座」、長時間同じ体勢で座っていると血流が悪くなり次第に神経がしびれてきます。ここで突然立ち上がり、血流が元に戻ったとき「ジーンとしたしびれのほかに、ビリビリと足に激しい痛み」が走ります。この激しい痛みこそ、大量の活性酸素が神経を刺激した事で受ける痛みです。

心臓でも同じことが起こります。血液が再び流れ出すと大量の活性酸素が生まれます。これが弱っている心臓をさらに攻撃。心筋にダメージを与え、血管の内部を傷つけ、修復するために血小板が集まると「血管内にこぶ」を作ります。これがまた新しい血管の詰まりを呼ぶ。悪循環が始まりです。この厄介な活性酸素をどうやってストップさせるのかは、心筋梗塞治療の長年の課題でした。

水素水・水素と心筋梗塞

水素と心筋梗塞イメージ2

というのも、活性酸素を退治する有効成分を心臓の患部に届けたくても、心臓が止まったままでは血液に有効な成分をのせ、薬を運ぶことが出来ないからです。血流が戻った瞬間から大量の活性酸素が生まれてしまうため、薬が届く前に心臓の細胞はどんどん攻撃されてしまいます。

そこで水素です。水素分子はとても小さいために体中に拡散することができます。もちろん血液が流れていない場所にも到達します。近年の研究で、詰まった心臓に再び血を流した時に起きる活性酸素の害を、水素水・水素がとても効果的に取り除くことが報告されました。


水素(H2)によって、活性酸素から心臓を守る。動物実験の段階で明らかになったデータは、大変効果的で、心臓を研究している医学者たちにも衝撃的なデータでした。水素を有効活用すれば心筋梗塞治療に大きな未来が開ける。すでに慶応大学病院では昨年から循環器内科と救急外来などのチームによる本格的な臨床試験がスタートしています。

水素水・水素と糖尿病、糖尿合併症のページでも『血管を健康に若々しく維持するために水素がとても効果的であること』をご紹介しました。血管の病気の予防と治療。水素が医療現場で大きく活用される日が、もうすぐそこまで来ています。心筋梗塞と関係が深い動脈硬化や、とても似たメカニズムで起こる脳梗塞。これらと水素水・水素の関係についても、今後、水素水・水素と糖尿病水素水・水素と糖尿合併症のページでご紹介したいと思います。

注目!水素水ブランドに関するみんなの口コミは?

水素水ブランドの口コミはこちら
水素水サーバーの口コミはこちら 

水素の基礎を学んだら下記のコンテンツも見てみよう。

質問に対する専門家からの回答

電位治療器を使っていて、お水をたくさん飲みながら使うよう指…

大丈夫です。そういった方はたくさんいらっしゃいますが、特に問…

もっと読む

ヒゲ編集長 編集長
すいそのぽーたる

スタッフ厳選!注目記事

ページトップに戻る

みんなの口コミ、気になるブランドをみてみよう!