水素水・水素の効果

水素水・水素と二日酔い

お酒を飲んだら水素水?二日酔いをシャットアウト!?男性にも女性にも嬉しい“水素水・水素の新常識”をご紹介します。

お酒を飲んだら水素水!?

水素水で二日酔いをシャットアウト!実は最近、男性の水素水愛用者が増えています。そのキッカケは水素水が二日酔いに効くというクチコミ情報と体験談。お酒を飲んだら水素水!?男性だけでなく女性にも嬉しい“水素水の新常識”をご紹介します。

『二日酔い』はなぜ起きる?身体の中で何が!?

そもそもなぜ二日酔いは起きるのか。古来から「酒は百薬の長」とも言われアルコールを適量飲む分にはストレス解消や血行促進に良いと言われます。でも適量って難しいですよね?この量を間違えると、大問題が・・・。私たちの身体はアルコールを分解する時“水分”を使います。大量のアルコールを分解しようとすれば、脳や全身が水分不足・ミネラル不足に陥り、頭痛や全身の疲労感・脱力感を招きます。さらにアルコール分解時に生じるのがアセトアルデヒドとその酸化物の“毒”。顔の紅潮や吐き気、激しい頭痛を引き起こす“毒”・有害物質がアルコール分解時に生じています。これがイヤな二日酔いを引き起こす原因です。

水素と二日酔いイメージ1

でも、二日酔いに活性酸素が深く関係していることは意外に知られていません。アルコールを分解する時に、体内に“毒・有害物質”が生じると、この毒を感知して大量の“活性酸素”が生まれます。これは身体のセンサーが毒を見つけたぞ!これ以上は飲むなよ!というシグナル。身体を守るための防御反応です。また大量に出た活性酸素は最終的に酸化力の強い悪玉活性酸素に変わってしまいます。こうなると身体の調子はどんどん悪くなり「酸化」「老化」の負のスパイラルの始まりです。お酒を飲みすぎは「悪玉活性酸素」と「身体の酸化」を招く。これ意外と知らない人が多いですよね?

なぜ水素がこんなに「二日酔い」に効くのか?

そこで、水素の出番です。もちろん急性アルコール中毒になるほど飲んでしまってはどうすることも出来ませんが、いつもより飲み過ぎた、明日が心配。そんな時には「水素水」を飲んで眠ると翌朝スッキリ。多くの水素水ユーザーもこんな不思議な体験があると思います。過剰なお酒の害、負のスパイラルを断ち切りお酒の飲み過ぎによる酸化から身体を守る。こんな体感があるのも水素水と水素のスゴさです。

二日酔いイメージ2

そこで気になる“医学的な根拠・エビデンス”。過去の医学研究ではアルコール分解を行う“肝臓”に水素(H2)が一時的に貯蓄されること。

また、お酒を飲み過ぎた場合にも起こる脂肪肝を水素が防ぎ、肝細胞を保護することが報告されており、糖尿病患者への臨床では水素水や水素がSOD酵素の顕著な増加を促すことが分かっています。

実はこのSOD酵素は代謝系の酵素と呼ばれ体内の酸化ストレスを取り除く大切な抗酸化酵素。加齢によって減ってしまうSOD酵素は「歳をとるとお酒が残る」この現象の真犯人とも言われています。

現在、飲酒と水素水の医学的なデータ研究も始まっているとか。お酒好きにはかなり気になる研究!こちらも“すいそのぽーたる”でレポートしたいと思います。ぜひお楽しみに!

水素の基礎を学んだら下記のコンテンツも見てみよう。

質問に対する専門家からの回答

電位治療器を使っていて、お水をたくさん飲みながら使うよう指…

大丈夫です。そういった方はたくさんいらっしゃいますが、特に問…

もっと読む

ヒゲ編集長 編集長
すいそのぽーたる

スタッフ厳選!注目記事

ページトップに戻る

みんなの口コミ、気になるブランドをみてみよう!